娘の語彙力に追いつきたい

Hello everyone! The weather was nice today, wasn't it?

今日はいい天気だったね!って書いてみましたが、合ってるのかな? wasn't it? だなんて、押し付けがましくないんかな?というかそもそも、天気の挨拶なんて普通はするのかな?

今週は娘がお腹の風邪を引いてしまい、保育園もお仕事もお休み続きの一週間でした。流行ってるみたいですね、お腹の風邪。

さて、そんなうちの娘ですが、2歳前といえば「言葉に興味が湧く時期」と言われていますが、ありがたいことにそこは育児書通り、今まさに新しい言葉をどんどん覚えていっています。

 

娘と一緒に「ついでに」覚える

一からの英語学習なわけですから、もちろん語彙力なんてほぼないに等しいので、知らない単語を覚えることは当然必須です。でも教材の中の単語をひとつずつ覚えていったとしても、全てが普段の日常と関係のある単語とは限らないし、覚え出しなんて毎日使ってないと、5日もあれば忘れてしまいます。そうなると常に「教材の中の単語」を「意識」しながら生活しなければなりませんが、育児中の私にはそれはそれは至難の技です。

そこで私は「育児」を利用しちゃうことにしました。

娘はまだ「これなーに?」という言葉は言えませんが、物の名前を知りたい時は、それを指差して「んッ?んッ?」と1日何回も聞いてきます。その都度、例えば私が「それは "いす"」とゆっくり教えると「いちゅ!」と自分なりに繰り返してくれます。

このときついでに「chair」と口に出して言うんです。英語が分からなかったら即座に辞書で調べて、その場で発音するんです。子供が混乱するかも?と思った時は、小さい声で発音します。混乱しなさそうなら堂々と発音すれば、ついでに軽い英語教育もできて一石二鳥かも知れませんね。

しかも何より、今娘はまだ1〜2語、多くて3語しか話せないので、ちょうど私の英語レベルにぴったりなんですよね。

この方法であれば、娘と一緒に語彙力を増やしていけるかも知れません。彼女が3歳になる頃には結構いろいろ喋れてるだろうから、私の英語力も彼女のお喋りと同レベルにまで上がれるのなら…

ところで、言葉を覚えていく娘を見て思ったことがありました。

 

翻訳をしない

子供が言葉を覚える時って、目の前もしくは脳内の「イメージ」とリンクさせているはずなんですよね。子供に限らず、私たち大人が話すときも、脳内に文字が浮かんでそれを読んでいるわけではなく、やはり「イメージ」から言葉へのリンクだと思うんですよ。(専門的なことは分からないので個人差はあるかも知れませんが)

でも大人が他言語を学び始めたときって、先にイメージが母国語にリンクしてから、それを脳内翻訳してるパターンが多いんじゃないでしょうか。言葉を発する際には、もはや翻訳された文を読んでるみたいな感じですよね。

そのまま勉強し続けて、慣れたらもしかすると反応が速くなったり、脳が何か変わるのかも知れないですが、慣れるまでの時間を考えると私にはちょっと途方に暮れそうな感じがしました。

なので、知らない単語を辞書で調べる時以外は、全部「イメージ」と頑なにリンクさせるようにしたいと思います。この時日本語は完全シャットアウト。たまに日本語でも「こういう状況をなんて言うんだっけ?」とど忘れすることってありますよね。その時の頭になるんです。

洋画を英語版の英語字幕で何回も観る勉強法も、こういうことなんじゃないかと思います。

 

最後に

語学をお金をあんまりかけずに独学するって結構孤独というか、すぐに訂正してくれる先生もいないし、モチベーションのタイプにもよるかも知れませんが、私は張り合いがないとついつい目標を見失ってしまうタイプなんですよ。

なので、娘が自分のライバルだと思うことで、今言葉が急成長中の娘に対してしっかり「焦り」を感じているので、良い効果を発揮しそうな気がします。

ただ、初めての育児なもんで、この先彼女の言葉がどんな風に急成長していくのかがちょっと予想できないので、相変わらず今日書いた勉強法もまだお試しの段階です。

ちなみにうちの娘は、もし名前が長くてややこしいものだったりすると、例えば「ブロッコリー」なんかは「バキー」としか言えません。でも本人は「ブロッコリー」と言ってるつもりなんですよね(笑)

 

現在参考にしているの教材やアプリ等:

  • 文法書Basic Grammar in use(¥3,838) 
  • アプリDuolingo(無料)
  • アプリHiNative(無料)
  • youtuberのバイリンガールちかさん
  • youtuberのRachel & JUN

这语法书的价格好像挺适合我的 哈哈