英語日記を付ける I'll write diarys in english

小学二年生の頃、日本に帰ったばかりの私は、日本語として「こにちわ(こんにちは)」という言葉と「ごはんたべぬ(ご飯を食べる)」という言葉しか言えませんでした。

その状態で、小学校の転入手続きが済むまでの1週間に、ひらがなとカタカナを全部覚えました。若いっていいですよね。

そして転入。完全なる未知の世界です。ただでさえボキャブラリーが少ない8歳児が、言葉も文化も常識も全く異なる環境へと放り出されたわけです。

しかし、そこからちょっとした会話が成り立つ程まで日本語が上達するのに、1週間程しかかかりませんでした。若いってホントに素晴らしいですね。

当時、よく授業中に国語や算数のテストがあったのを覚えています。掛け算の九九だったり、漢字テストだったりでしょうか。もちろん私にはチンプンカンプンだったので、当時の担任の先生はそのテスト時間を利用して、私に日本語の特訓をして下さったのを覚えています。

今思えばあの頻繁なテストは、恐らく先生が私の日本語特訓をするために、わざわざ用意したものだったのかも知れません。

始めはとにかく物の名前を覚えることに集中していました。

まず、動物や物のぬりえイラストがいくつも描いてあるプリントを渡されます。そしてそのイラストにそれぞれ好きな色を塗って、一つ一つ適当に切り分けてノートに貼り付けます。一番始めは、ジェスチャーでそれを伝えてくれました。結構量があるので、その作業は大抵宿題になります。

そして翌日のテスト時間に、出来上がったノートを見ながら、先生がその物の名前を口で教えてくれます。それを私がひらがなで書きます。カタカナで書く場合だけ、先生が何度も指摘してくれるので、そのうちにだんだんコツが掴めてきたんです。そしてその日にまた新たなイラストが描かれたプリントを渡されて、塗り切り貼りが宿題となり、これを何度も何度も繰り返しました。

その先生には本当に感謝しています。

テスト時間以外は普通の授業ですが、物の名前をたくさん覚えていくと、だんだんなんとなーく何を言ってるのか分かってくるようになりました。

その頃から先生が、イラストの切り貼りとは別に、もうひとつ宿題を出してくれたんです。

それは、日記を付けることでした。

最初は1行から、次の日は1行半、その次は3行、その次は5行と、私の成長レベルに合わせて行数を増やしてくれました。ネタがなければ作り話でも良し。その代わり、赤ペンで添削してくれた部分の言葉は、必ず翌日の日記に盛り込むというルールでした。

もちろん、普段の授業やクラスメイトの早口なお喋りを聞いたり、『シンデレラ』の児童書を一冊丸暗記するまで音読したり、テレビで毎日NHKの子供番組を観たりしてること全てが私の脳に大きな影響を与えてると思いますが、なんとなく、この日記特訓が私の日本語を一番効率よく伸ばしてくれたように思います。

 

何が言いたいのかというと、

英語の勉強にも、このやり方を追加しようと思います。ルールは同じ。イラストの切り貼りは無理でも、日記はベッドに横たわったままでも書けます。書いた日記は、会社の外国人スタッフに図々しくチェックしてもらいます(笑)

実はもう2回チェックしていただいたんですが、なんと「言いたいことは分かるし、あなたの英語は決して悪くないよ」と言われました!!嬉しすぎですけど、悪くないだなんて全く信じてません(笑)

今はまだ超簡単な表現ばっかりですけど、せめて日記はスラスラ書けるように早くなりたいてます。

育児の合間を縫うのは神業

Hey guys. How are you doing? 

The "GoldenWeek" is over. How did you spend in your "GoldenWeek" ?

Needless to say, I've been busy to play with my daughter. That's why I couldn't study any English.

なんとかここまで頑張って書きました。まだこんなレベルです(笑)

 

いやはや、子供が生まれる前の休暇と、子供が生まれてからの休暇、そして子供がやんちゃになり始めた頃の休暇、当然ながらそれはそれは時間の過ごし方も計画の立て方も計画の崩れ方もグダグダ具合もみーーんな違いますね。故に、英語の勉強が全く進んでおりません。(進んでいる気がしません)

以前の私なら今の自分に対して、「忙しい」は言い訳にならない!なんて堅いことを言い放ちそうですがね。まぁ、子供が生まれてから何度も痛感したことですが、仕事と家事に「合間」があっても、育児中ばかりはその「合間」ってのがなかなか顔を出さないんだなこれが。

あんまり、あれもできない、これもできないって書きたくないのでいろいろ省きますが、私がこのGWの間に唯一英語との触れ合いがあったタイミングといえば、テレビで『きかんしゃトーマス』が放送されてる間だけでした。副音声にできる番組は、一応全て副音声にして観ています。他にできたことといえば、頭の中で考えたことを英語に訳してみたりなどですが、正しいのかどうか全く分からないので、何も役に立つ気がしません。

 

でも、月曜日からようやく平日です!

勉強再開です!

I'll try even harder!

 

話さないと話にならない You need to talk to someone.

Hey, gyes. How are you doing?

先週は喜ばしいことに、ずーっとシャイバリアが邪魔して踏み出す勇気がなかった職場のアメリカ人(日本語ペラペラ)とお話しする機会を得ることに成功し、自分が今英語を勉強しているということを伝えられました。しかもしかも!「僕で良ければ力になるよ」って言ってくれました!うひょーん!!\(^o^)/

で、思ったことなんですが、毎日単語カードで、Please correct me if I'm wrong. とか Don't go easy on my mistakes. とか、外国人と喋る機会ができたら絶対に喋ろうと思ってたフレーズをブツクサブツクサ唱えてたのに、いざそれを言おうとしてもやっぱりスッと出てこないもんなんですねぇこれが。「えーっと、あのー…あれよあれ…あれ?なんだっけ…」が何度も何度も(笑)

 

テニスに例えると

テキストを読む=コーチのフォームを見る

単語カードをブツクサ唱える=素振り

洋画を字幕なしで観る=プロの試合観戦

人と話す=ラリーまたは試合をする

ざっとこんな感じですね。理屈では分かっていたんですよ私も。でも実感するとやっぱりショックでした。結構素振りを練習して、試合もいっぱい観てるはずなのにって思うけど、そりゃまぁ初心者の実践は悲惨ですよね。思ってたよりも早くボールが飛んで来るし、自分の予想外のところにばかりボールが飛んでいくし、ボールを追いかけるのに夢中で素振りの成果全然出てないしで、手も足も出ません。

しかも実践は実践でも、日本語が堪能でゆっくり優しく喋ってくれるような人が相手なのと、日本語が全く分からずペラペラ〜っとまくし立てられるのとでは、全然手応えが違いますよね。例えるなら、前者がコーチとのラリー練習で、後者は普通の試合。ちなみに、職場で話すようになったアメリカ人は、前者です。とっても優しいです(泣)

 

実践なくして上達はあり得ん

私が中学高校でやってた英語の勉強は、恐らく一番ハードな段階で、テニスでいうなら「壁打ち」程度だったんだと思います。もちろん、試合観戦も素振りも壁打ちも、どれもとっても大事ですよね。今回の実践で実力?を存分に出せなかったのは、練習不足も大きな原因のひとつですから、当然これからもテキストや単語カードを続けていくつもりです。ただ、大人になった今は、もうそこにずっとは止まらないということです!

その殻を今!ブチ破る!パリッ!!

職場のその方とは、休憩時間以外で会うことはなかなかないと思いますが、タイミングさえあれば猛烈英語アタックしていく予定です。とりあえず、すれ違った時や、別れ際の挨拶だけでもスッと出てくるようになりたいな。

Thank you for reading my blog! And I hope you're having a great day:)

娘の語彙力に追いつきたい

Hello everyone! The weather was nice today, wasn't it?

今日はいい天気だったね!って書いてみましたが、合ってるのかな? wasn't it? だなんて、押し付けがましくないんかな?というかそもそも、天気の挨拶なんて普通はするのかな?

今週は娘がお腹の風邪を引いてしまい、保育園もお仕事もお休み続きの一週間でした。流行ってるみたいですね、お腹の風邪。

さて、そんなうちの娘ですが、2歳前といえば「言葉に興味が湧く時期」と言われていますが、ありがたいことにそこは育児書通り、今まさに新しい言葉をどんどん覚えていっています。

 

娘と一緒に「ついでに」覚える

一からの英語学習なわけですから、もちろん語彙力なんてほぼないに等しいので、知らない単語を覚えることは当然必須です。でも教材の中の単語をひとつずつ覚えていったとしても、全てが普段の日常と関係のある単語とは限らないし、覚え出しなんて毎日使ってないと、5日もあれば忘れてしまいます。そうなると常に「教材の中の単語」を「意識」しながら生活しなければなりませんが、育児中の私にはそれはそれは至難の技です。

そこで私は「育児」を利用しちゃうことにしました。

娘はまだ「これなーに?」という言葉は言えませんが、物の名前を知りたい時は、それを指差して「んッ?んッ?」と1日何回も聞いてきます。その都度、例えば私が「それは "いす"」とゆっくり教えると「いちゅ!」と自分なりに繰り返してくれます。

このときついでに「chair」と口に出して言うんです。英語が分からなかったら即座に辞書で調べて、その場で発音するんです。子供が混乱するかも?と思った時は、小さい声で発音します。混乱しなさそうなら堂々と発音すれば、ついでに軽い英語教育もできて一石二鳥かも知れませんね。

しかも何より、今娘はまだ1〜2語、多くて3語しか話せないので、ちょうど私の英語レベルにぴったりなんですよね。

この方法であれば、娘と一緒に語彙力を増やしていけるかも知れません。彼女が3歳になる頃には結構いろいろ喋れてるだろうから、私の英語力も彼女のお喋りと同レベルにまで上がれるのなら…

ところで、言葉を覚えていく娘を見て思ったことがありました。

 

翻訳をしない

子供が言葉を覚える時って、目の前もしくは脳内の「イメージ」とリンクさせているはずなんですよね。子供に限らず、私たち大人が話すときも、脳内に文字が浮かんでそれを読んでいるわけではなく、やはり「イメージ」から言葉へのリンクだと思うんですよ。(専門的なことは分からないので個人差はあるかも知れませんが)

でも大人が他言語を学び始めたときって、先にイメージが母国語にリンクしてから、それを脳内翻訳してるパターンが多いんじゃないでしょうか。言葉を発する際には、もはや翻訳された文を読んでるみたいな感じですよね。

そのまま勉強し続けて、慣れたらもしかすると反応が速くなったり、脳が何か変わるのかも知れないですが、慣れるまでの時間を考えると私にはちょっと途方に暮れそうな感じがしました。

なので、知らない単語を辞書で調べる時以外は、全部「イメージ」と頑なにリンクさせるようにしたいと思います。この時日本語は完全シャットアウト。たまに日本語でも「こういう状況をなんて言うんだっけ?」とど忘れすることってありますよね。その時の頭になるんです。

洋画を英語版の英語字幕で何回も観る勉強法も、こういうことなんじゃないかと思います。

 

最後に

語学をお金をあんまりかけずに独学するって結構孤独というか、すぐに訂正してくれる先生もいないし、モチベーションのタイプにもよるかも知れませんが、私は張り合いがないとついつい目標を見失ってしまうタイプなんですよ。

なので、娘が自分のライバルだと思うことで、今言葉が急成長中の娘に対してしっかり「焦り」を感じているので、良い効果を発揮しそうな気がします。

ただ、初めての育児なもんで、この先彼女の言葉がどんな風に急成長していくのかがちょっと予想できないので、相変わらず今日書いた勉強法もまだお試しの段階です。

ちなみにうちの娘は、もし名前が長くてややこしいものだったりすると、例えば「ブロッコリー」なんかは「バキー」としか言えません。でも本人は「ブロッコリー」と言ってるつもりなんですよね(笑)

 

現在参考にしているの教材やアプリ等:

  • 文法書Basic Grammar in use(¥3,838) 
  • アプリDuolingo(無料)
  • アプリHiNative(無料)
  • youtuberのバイリンガールちかさん
  • youtuberのRachel & JUN

这语法书的价格好像挺适合我的 哈哈

3、4単語ですら harder than I thought.

Hello everyone!

英語を習い始めた中学の時から「単語カード」というものにはとってもお世話になりました。英語に限らず、暗記系の教科ならなんでも使えますよね。

一から英語を勉強し始めた私はまさに今、単語カードを使っているんですが、テストで点数を取ることが目的だった学生時代とは、使い方がちょっとだけ違います。

 

「単語だけ」を書かない

表に「りんご」って書いて、裏に「apple」って書くやつは、もうやりません。

りんごが apple、食べるが eat、好きが likeだなんてとうの昔に知ってるのに、「あーりんごが食べたい」とか「私りんご好きなんだ」とかの簡単な言葉すら咄嗟に出てこないからです。

なので今は、単語カードには「文」しか書かないことにしました。短いのだとそれこそ「I got it」みたいな3単語文とか。え〜ネイティブ目指すのにそんなレベルwwwとか思うかも知れませんが、これが意外と難しいんですよ。

 

1秒以内に作文し始める

昔は、日本語或いは英語を見て、訳を思い出すまでに時間がかかっても構わず、どうしても思い出せそうになかったら答えを見るという自己ルールでした。

でも今、重視してるのは何かの試験ではなくスピーキング力なので、訳を覚えるというよりも言いたいことをすぐに言えるぐらいの反射がないとペラペラにはなれないと思うのです。

なので今の自己ルールは、「日本語文を見終わってから脳内作文を始めるまでに1秒を超えないこと」ですね。意外と難しいと言ったのは、このルールを守ることが前提です。1秒を超えたらすぐ答えを見て、それの繰り返し。確かなんかこういう教材ありますよね?

ちなみに、英語文を見て日本語に訳す作業は一切しないつもりです。重視してるのはあくまでもスピーキングで、リーディングは辞書を引くときぐらいしかやりません。

 

例文の内容はリアルに

単語カードに書く内容は今も昔も、基本的には使っている教材からの引用にはなりますが、昔と違うのは、Tom や Carlo など、自分の知り合いに存在しない名前の人物や事柄を例文に取り入れないことです。

学校の試験は教科書から出題されるので、教科書に書いてあることを覚えますが、実践は自分の現実を話すので、例えば I'm a boy. とか言う機会は恐らく一生ないわけです。教材に my wife〜 と書かれてても、単語カードには my husband〜 と書きます。

 

最後に

私が学生の頃は、英語のテスト問題の出し方で「次の単語の日本語訳を書きなさい」っていうのが結構ありましたし、文を作る問題も穴埋めか並べ替えばかりで、全部自分で考えて書くのなんてせいぜい3問ぐらいしかなかったので、学校によると思いますが、「単語だけ」覚えられたらワリと点数は取れていました。(その代わり高校後半の長文読解はほぼ全滅)

「英語を学ぶ前にまず、学ぶ目的を考えて」というのをよく聞きますが、そういうことですよね。この方法で上手くいくかどうかはやはり結果論なので、自分の努力が継続することを祈るばかりです。

 

英語を勉強し始めてから、家事が全く捗りません。このままではダメな気がする。デキる人って、いろいろ両立してる気がする。

英語、始めました。I starded learning English.

Hello, everyone! Welcome to my blog!

Nice to meet you :)

初めまして、おんぷと申します。

最初は自己紹介ですね。

 

現在一児(現在1歳9ヶ月の娘)の母であり、兼業主婦でもあります。

日中ハーフの日中バイリンガルですが、憧れのトリリンガルになるべく、英語の勉強を一からし直そうと決意したばかりです。

ちなみに私の英語力は、This is a pen.ぐらいの英文しかまともに自力で作れないレベルですが、たとえ無謀だと言われるとしても最終目標はネイティブスピーカーのように流暢に自分の思ったことや考えてることをスラスラ話せるレベルです。

三日坊主が最大の欠点である私のその決意がどれほど固いものなのかは、やっぱり結果でしか表せないので、とりあえずその結果が表れるまではこのブログで英語上達の中継を綴っていきたいと思います。

(内心:うわっ…英語上達とかほざく私wwww)

 

何のために英語を勉強するの?

一番の動機は、結論から申し上げますと…

かっこよくなりたいから(*゚▽゚*)

はい、ハッキリ言ってゆるゆるです。「そんなゆるい動機でマスターできるわけがなかろう!頑張ってもせいぜい何とか通じる日常会話ぐらいが限界じゃね?」なんて声が聞こえてきそうですか、まぁそんなことは百も承知で。

「いいじゃん!動機が何だって!!」って、大衆に証明したいというのが、二番目の動機かも知れません。

あとはなんとなく、言語は文化だし、英語圏の人と普通に会話ができるようになったら、自分の視野も物差しも器も、ものすごく大きくなりそうな気がしてワクワクするから、というのが三番目の動機ですね。

 

どうやって時間を作る?

自己紹介でも申し上げた通り、兼業主婦、つまりワーキングママでございます。平日は娘を保育園へ預けて仕事へ出かけ、土日祝日は娘と二人で過ごすため、あまり自分の時間は取れません。

眠りが浅いタイプの子で、隣で一緒に寝てないとすぐ起きるので、娘が寝ている間は、スマホでのインプットのみです。

幸い、通勤手段が電車で15分徒歩10分程かかるのと、お昼休憩をきちんと1時間取らせてくれるので、そこが出勤日一番のチャンスタイムになります。

あと、仕事上出勤日には変動があるため、スケジュールにムラはありますが、繁忙期を除けばだいたい週に2〜5日の頻度で出社しているため、日中空く日もあるんです。

そんな日は保育園のお迎え時間が普段より随分早まりますが、さっさと午前中に家事を済ませて、午後はどっぷり英語漬けにする予定です。

 

教材とか勉強法は?

始めたばかりなので、まだこれは試行錯誤中ですが、ネットでいろいろ調べた結果、とりあえず最初に「Grammar in use」っていう文法書の初級に手を出してみました。

文法書っていうと何だか堅苦しい感じですが、この教材はイギリスの有名人が作った、全部英語で書かれた教材なので、不定詞だの目的格だの訳の分からん文法用語は一切出てこないし、I'm fine thank you, and you? みたいな、ネイティブだと使わないような言い回しも絶対出てこないそうです。

しかも、初級だからなのか、全部英語なのに、This is a pen.レベルの私でも、何が書いてあるのかだいたい分かるぐらい、説明がシンプルなんです。

ま、効果は努力次第だろうから、今はこれ以上何も言えませーん(笑)

 

勉強法は、ベタですが、とりあえずここから始まろうと思います。

 

職場での休憩時間は、その本の1見開き分のインプットと問題演習を行って、単語カードに単語とその単語を使った文(3単語文から徐々に増やしていく)をいくつか書く!

通勤時間など(時間が少しでも空く度)に作った単語カードを使って、日本語を見た1秒以内には英語が出てくるように訓練する!

これは来月からになってしまいますが、平日に仕事が休みの日は、オンライン英会話で実践する!

とまぁ、ハードルを低くしたつもりのこんな感じが理想ですが、さてさてどこまで現実化できるんでしょうか(笑)

 

最後に

ブログ自体の内容は、育児関連の方が多くなるかも知れません。どうかな?

初っ端から長〜い文章でしたが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

Thank you for reading to the end :)

(↑もちろん調べたに決まってるよw)